吉岡賢人

  • RIB HOODIE

    • 3/2日受注締め切りになります。
    • 発送予定は4月中旬予定になります。

    フード周りがリブ編みになっているスウェットパーカー。普通のドローコード仕様のパーカーとは違うのでゆったりシルエットが特徴的。そして何よりもインパクトのある左右にあるポケットもリブ編みになっているというこだわりの一品です。袖部に入ったメッセージ刺繍も良いアクセントに。

    サイズ M L XL
    胸囲 61 63 65
    着丈 71 73 75
    肩幅 54 59 58
    袖丈 56 58 60
    • 13,860円(税込)

     

  • 吉岡賢人:『Ciao』で見せるビッグアップルでの魔法のようなライディング

    吉岡賢人:『Ciao』で見せるビッグアップルでの魔法のようなライディング

    フィルマー、リカルド・ナポリによる最新スケートボード映像作品『Ciao』から、日本のスケートボーダー、吉岡賢人のパートが注目を集めています。ニューヨークの街、通称ビッグアップルの有名スポットを舞台に、彼の変幻自在のスケートボードライディングが魅力を放っています。

    手品師のようなスキルで魅了

    吉岡賢人は、まるで手品師のようにスケートボードを操ります。彼のテクニックは、ただ滑るだけではなく、街のランドスケープを独自の視点で捉え、それを自分のプレイグラウンドに変える芸術性を持っています。『Ciao』での彼のパートは、その技術と創造性の高さを見せつける素晴らしい機会となっています。

    ビッグアップルを舞台に

    ニューヨークの街は、スケーターにとって無限の可能性を秘めた巨大なアリーナです。吉岡賢人はこの都市の有名スポットを自分の舞台として選び、その独創的なスタイルで街中を駆け巡ります。ビルの隙間、階段、手すりなど、日常の風景が彼のスキルによって全く新しい表情を見せます。

    映像作品としての『Ciao』

    リカルド・ナポリが手がける『Ciao』は、ただのスケートボード映像集にとどまらない、各スケーターの個性とスタイルを前面に押し出した作品です。吉岡賢人のパートは、この映像作品の中でも特に際立っており、彼のスケートボードに対する情熱と創造性が伝わってきます。

    まとめ:吉岡賢人の『Ciao』でのパフォーマンス

    吉岡賢人は『Ciao』で、ニューヨークという街の魅力とともに、自身のスケートボードへの深い愛と技術を世界に示しました。彼のライディングは、見る者にスケートボードの新たな可能性を感じさせるものであり、彼のキャリアにおける重要なマイルストーンとなるでしょう。スケートボードファンはもちろん、多くの人々にとってインスピレーションを与える作品となっています。

  • SLIDER MAGAZINE VOL.37に見る、田島ライドと吉岡賢人の個性豊かなライディング

    SLIDER MAGAZINE VOL.37に見る、田島ライドと吉岡賢人の個性豊かなライディング

    SLIDER MAGAZINEの最新号、VOL.37では、スケートボード界の注目すべき二人、田島ライドと吉岡賢人のライディングがカオスページにて特集されています。EAZY MISSチームメイトとしても知られるこの二人は、スタイルもスケートへのアプローチも異なりながら、それぞれが独自の魅力を放っています。

    吉岡賢人:技術とスタイルの融合

    吉岡賢人は、その独創的なスケートスタイルで知られています。スケートボードの枠を超えた彼の技術は、まるでダンスのように流れるようでありながら、力強い動きが特徴です。SLIDER MAGAZINEに掲載された写真は、彼のスケートへの情熱と技術を強調しており、見る者に新たな感動を与えます。

    田島ライド:挑戦を恐れないスピリット

    一方、田島ライドは、その恐れを知らない挑戦的なスタイルで注目を集めています。常に新しいトリックに挑戦し、限界を押し広げる彼の姿勢は、多くのスケーターにとって大きな刺激となっています。SLIDER MAGAZINEでの彼の写真からは、その大胆さとスケートに対する献身が伝わってきます。

    EAZY MISSチームの二人

    EAZY MISSチームメイトとして共に活動する田島ライドと吉岡賢人。彼らのスケートボードへのアプローチは異なるものの、互いに刺激を受け合い、成長し続けています。SLIDER MAGAZINE VOL.37に掲載された彼らの写真は、日本のスケートボードシーンにおける彼らの重要な役割と、個性が輝く瞬間を捉えています。

    まとめ

    SLIDER MAGAZINE VOL.37に掲載された田島ライドと吉岡賢人のライディング写真は、彼らのスケートボードに対する深い愛情と、技術の高さを見ることができる貴重なものです。異なるスタイルを持ちながらも、互いに影響を与え合う二人の姿からは、スケートボードの無限の可能性と、それを追求する情熱が感じられます。

  • Ollie Magazine Vol.233 表紙飾る:GURICCHO Tシャツを纏う吉岡賢人

    Ollie Magazine Vol.233 表紙飾る:GURICCHO Tシャツを纏う吉岡賢人

    Ollie MagazineのVol.233、9月号の表紙に、スケートボード界の革新者、吉岡賢人が登場しました。この号では、彼が特徴的なGURICCHO Tシャツを着用し、その独自のスタイルと魅力で読者を引きつけています。吉岡賢人が選んだこのTシャツは、彼のパーソナリティとスケートボードへの情熱を反映しており、彼のファンにとって見逃せない一面を提供しています。

    スタイルとパーソナリティの融合

    GURICCHO Tシャツを選んだことは、吉岡賢人がただのスケートボーダーではなく、自己表現を重視するアーティストであることを物語っています。このTシャツは彼のリラックスしたが、確固たるスタイルを象徴しており、彼がスケートボード以外の分野においても強い影響力を持っていることを示しています。彼の服装選びは、自身のパーソナリティとスケートボードへのアプローチを直接表現する手段となっています。

    スケートボード界への影響

    吉岡賢人は、スケートボード技術だけでなく、スタイルとファッションを通じても影響を与えています。Ollie Magazineの表紙を飾ることで、彼はスケートカルチャー内でのファッションの重要性を再び強調しています。GURICCHO Tシャツのようなアイテムを選ぶことで、彼はスケートボーダーが自己表現のための多様な手段を持っていることを証明しています。

    ファッションとしてのスケートボーディング

    吉岡賢人のOllie Magazineでの登場は、スケートボーディングが単なるスポーツではなく、ライフスタイル、文化、そしてファッションと深く結びついていることを浮き彫りにします。彼は、スケートボーダーがどのようにして自分たちの個性を表現し、社会に影響を与えることができるかの素晴らしい例です。

    まとめ

    Ollie Magazine Vol.233の表紙を飾る吉岡賢人は、GURICCHO Tシャツを通じて、スケートボーディングの世界での自己表現の無限の可能性を示しています。彼の選択は、スケートボーディングがファッション、アート、そして文化の交差点にある動的なフィールドであることを強調しています。吉岡賢人のような革新者がいることで、スケートボーディング界は常に進化し、新たな境地を開拓し続けています。

  • ER Magazine No.14に輝く吉岡賢人

    ER Magazine No.14に輝く吉岡賢人

    最新号のER Magazine No.14に、スケートボード界の異才、吉岡賢人が登場しました。この号では、彼のスケートボードに対する独自のアプローチと、彼が持つ独創的なスタイルに焦点を当てています。吉岡賢人は、技術の精緻さと革新的なスタイルで知られており、この特集を通じて、彼のスケートボードへの情熱と芸術性を深く掘り下げています。

    スケートボード界の革新者

    吉岡賢人は、スケートボード技術の限界を押し広げることで知られています。彼のライディングは、従来のスケートボードの枠を超え、それをストリートカルチャーの新たな形態へと昇華させています。ER Magazine No.14では、彼のこの革新的な精神を詳細に紹介し、読者に彼のスケートボードに対する深い愛と尊敬を伝えています。

    独自のスタイルと影響力

    吉岡賢人は、スケートボードだけでなく、ファッションとアートにおいても独自のスタイルを持っています。ER Magazineでは、彼のスケートボーディングがどのようにして彼の個人的な表現と結びついているかを探り、彼が若いスケーターやクリエイティブな人々にどのように影響を与えているかを示しています。彼のアプローチは、スケートボードを単なるスポーツではなく、自己表現の手段として捉えることを促します。

    スケートボードとクリエイティビティの融合

    ER Magazine No.14の特集は、吉岡賢人がスケートボードとクリエイティビティをどのように融合させているかを浮き彫りにします。彼の技術とアイデアは、スケートボードの新たな地平を開拓し、この文化が持つ可能性を拡大しています。彼の物語は、スケートボーダーが自分自身を表現し、社会に影響を与える力を持っていることを読者に思い出させます。

    まとめ

    ER Magazine No.14で特集された吉岡賢人は、スケートボード界の革新者としての地位を確固たるものにしています。彼の技術、スタイル、そしてクリエイティビティは、スケートボーディングの未来に対する彼のビジョンを反映しており、彼の物語は多くの人々にインスピレーションを与え続けています。吉岡賢人のスケートボーディングへの貢献は、ER Magazineを通じて広く認知され、彼の足跡はこれからもスケートボード文化の中で色濃く残り続けるでしょう。

  • SLIDER VOL.35

    化け物ぞろいの10代から異様を放つ吉岡賢人がNYトリップから帰ってきました。
    そんな彼が掲載されているSLIDER VOL.35は全国書店又はスケートショップでチェック!!

  • [RAW CAM] KENTO YOSHIOKA

    吉岡賢人のFeatureパートから現場音のみのRAWフッテージ集。
    すべてのスポットを30分以内で仕留めるのがこの男のマナー。

    Raw version of Kento Yoshioka’s Feature part.
    His rule is to get each footage within 30 minutes.

    Video by Kenya Koto

  • 吉岡賢人:スケートボードの新境地を切り拓くアーティスト

    吉岡賢人:スケートボードの新境地を切り拓くアーティスト

    革新を体現するスタイル

    日本のストリートスケートシーンにおいて、吉岡賢人はその独創性で一際目立つ存在です。彼のスケートボードへの深い愛情と卓越した技術は、最新のVimeo動画で鮮やかに示されています。動画では、吉岡のスケートスタイルがダイナミックかつ流麗に映し出され、スケートボードの既存の枠を超えた新たな可能性を提示しています。彼の動きは、まるでダンスのように美しく、観る者に深い感銘を与えます。

    スケートへの無限の情熱

    VHSMAGでの彼のインタビューを通じて、吉岡賢人のスケートボードへの情熱とその生き方が伝わってきます。愛媛から東京へと移り住んだ彼は、都市のダイナミズムを自らのスケートに反映させ、常に新しい挑戦を求める姿勢を持っています。彼の言葉からは、スケートボードへの無尽蔵の探求心と、新しい技術やスタイルへの挑戦欲が感じ取れます。

    ストリートカルチャーへの貢献

    吉岡賢人は、日本のスケートカルチャーにおいて、単なるスケーターを超えた存在です。彼の革新的なスタイルと影響力は、若いスケーターたちにとっての憧れであり、多くの人々にインスピレーションを与えています。彼が生み出す新しい波は、日本のスケートシーンにおける革新の象徴となっています。

    まとめ:スケートボードの未来を切り拓く

    Vimeo動画とVHSMAGのインタビューを通して見る吉岡賢人の世界は、スケートボードに対する情熱と献身を感じさせます。彼の独創的なスタイルと技術は、スケートボードの新たな地平を開き、視聴者に新しい感動を与えています。私たちは、彼のこれからの活躍とスケートボード界への貢献を大いに期待しています。

    動画制作へのこだわり

    RESUNCEによるこのVimeo動画の制作背景には、吉岡賢人のユニークなスタイルとパーソナリティを完璧に捉えるための熱意がありました。映像の各カットやトランジションは、彼のスケートへの深い愛情と卓越した技術を強調するために慎重に選ばれています。この動画は、吉岡賢人というアーティストがスケートボードというキャンバス上で描き出す、息をのむような物語を伝えています。

    吉岡賢人インタビューはこちら↓
    http://www.vhsmag.com/features/kento-yoshioka-jp/

  • DICKIES SKATEBOARDING JAPAN – 3 SHORT PARTS

    Dickiesジャパンチームの始動を宣言するミニクリップがついに公開。
    竹井勇磨、伊藤慎一、吉岡賢人をフィーチャーしたベスト・オブ・インスタ動画。
    男は黙ってDickies。

    Team: Shinichi ItoKento YoshiokaYuma TakeiAlex Lee ChangDaiki HoshinoShor West

    Instagram: dickies_projp

  • apple4

    セキュリティの目をかいくぐり正月の名古屋ストリートにて撮影された最注目クルーの4作目apple4が公開されました。

    iPhoneとDeath Lensを手に各地のニュージェネレーションを巻き込みアメーバ並みに勢力を拡大中。