Photos

  • THRASHER

    高山レオがスラッシャーにEAZY MISSとして掲載されました。
    めでたしめでたい!

  • SB SKATEBOARDJOURNAL #37

  • LEO TAKAYAMA : STOOPS MAG ISSUE7

    FROM NYのマガジン : STOOPS MAGに EM ライダー:LEO TAKAYAMAが登場!

    タイトルのSTOOPSとは、スラングで“バカなヤツ”を差し、’90年代のNYスケーターたちがそう呼ばれていたことが由来。

     
     
     
     
     
    この投稿をInstagramで見る
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    Leo Takayama(@leotakayama)がシェアした投稿

  • SLIDER VOL.42

  • LOW CARD WEEKLY NONSENSE – TAKESHI

    Weekly Nonsense – Takeshi

  • SLIDER VOL.39

    SLIDER VOL.39のカオスページにてイトシンが登場!!

  • SLIDER MAGAZINE VOL.37に見る、田島ライドと吉岡賢人の個性豊かなライディング

    SLIDER MAGAZINE VOL.37に見る、田島ライドと吉岡賢人の個性豊かなライディング

    SLIDER MAGAZINEの最新号、VOL.37では、スケートボード界の注目すべき二人、田島ライドと吉岡賢人のライディングがカオスページにて特集されています。EAZY MISSチームメイトとしても知られるこの二人は、スタイルもスケートへのアプローチも異なりながら、それぞれが独自の魅力を放っています。

    吉岡賢人:技術とスタイルの融合

    吉岡賢人は、その独創的なスケートスタイルで知られています。スケートボードの枠を超えた彼の技術は、まるでダンスのように流れるようでありながら、力強い動きが特徴です。SLIDER MAGAZINEに掲載された写真は、彼のスケートへの情熱と技術を強調しており、見る者に新たな感動を与えます。

    田島ライド:挑戦を恐れないスピリット

    一方、田島ライドは、その恐れを知らない挑戦的なスタイルで注目を集めています。常に新しいトリックに挑戦し、限界を押し広げる彼の姿勢は、多くのスケーターにとって大きな刺激となっています。SLIDER MAGAZINEでの彼の写真からは、その大胆さとスケートに対する献身が伝わってきます。

    EAZY MISSチームの二人

    EAZY MISSチームメイトとして共に活動する田島ライドと吉岡賢人。彼らのスケートボードへのアプローチは異なるものの、互いに刺激を受け合い、成長し続けています。SLIDER MAGAZINE VOL.37に掲載された彼らの写真は、日本のスケートボードシーンにおける彼らの重要な役割と、個性が輝く瞬間を捉えています。

    まとめ

    SLIDER MAGAZINE VOL.37に掲載された田島ライドと吉岡賢人のライディング写真は、彼らのスケートボードに対する深い愛情と、技術の高さを見ることができる貴重なものです。異なるスタイルを持ちながらも、互いに影響を与え合う二人の姿からは、スケートボードの無限の可能性と、それを追求する情熱が感じられます。

  • SLIDER Vol.36

    今月発売のSLIDER Vol.36にコンバースの撮影で台湾に訪れたイトシンの写真が掲載されています。

  • Ollie Magazine Vol.233 表紙飾る:GURICCHO Tシャツを纏う吉岡賢人

    Ollie Magazine Vol.233 表紙飾る:GURICCHO Tシャツを纏う吉岡賢人

    Ollie MagazineのVol.233、9月号の表紙に、スケートボード界の革新者、吉岡賢人が登場しました。この号では、彼が特徴的なGURICCHO Tシャツを着用し、その独自のスタイルと魅力で読者を引きつけています。吉岡賢人が選んだこのTシャツは、彼のパーソナリティとスケートボードへの情熱を反映しており、彼のファンにとって見逃せない一面を提供しています。

    スタイルとパーソナリティの融合

    GURICCHO Tシャツを選んだことは、吉岡賢人がただのスケートボーダーではなく、自己表現を重視するアーティストであることを物語っています。このTシャツは彼のリラックスしたが、確固たるスタイルを象徴しており、彼がスケートボード以外の分野においても強い影響力を持っていることを示しています。彼の服装選びは、自身のパーソナリティとスケートボードへのアプローチを直接表現する手段となっています。

    スケートボード界への影響

    吉岡賢人は、スケートボード技術だけでなく、スタイルとファッションを通じても影響を与えています。Ollie Magazineの表紙を飾ることで、彼はスケートカルチャー内でのファッションの重要性を再び強調しています。GURICCHO Tシャツのようなアイテムを選ぶことで、彼はスケートボーダーが自己表現のための多様な手段を持っていることを証明しています。

    ファッションとしてのスケートボーディング

    吉岡賢人のOllie Magazineでの登場は、スケートボーディングが単なるスポーツではなく、ライフスタイル、文化、そしてファッションと深く結びついていることを浮き彫りにします。彼は、スケートボーダーがどのようにして自分たちの個性を表現し、社会に影響を与えることができるかの素晴らしい例です。

    まとめ

    Ollie Magazine Vol.233の表紙を飾る吉岡賢人は、GURICCHO Tシャツを通じて、スケートボーディングの世界での自己表現の無限の可能性を示しています。彼の選択は、スケートボーディングがファッション、アート、そして文化の交差点にある動的なフィールドであることを強調しています。吉岡賢人のような革新者がいることで、スケートボーディング界は常に進化し、新たな境地を開拓し続けています。

  • ER Magazine No.14に輝く吉岡賢人

    ER Magazine No.14に輝く吉岡賢人

    最新号のER Magazine No.14に、スケートボード界の異才、吉岡賢人が登場しました。この号では、彼のスケートボードに対する独自のアプローチと、彼が持つ独創的なスタイルに焦点を当てています。吉岡賢人は、技術の精緻さと革新的なスタイルで知られており、この特集を通じて、彼のスケートボードへの情熱と芸術性を深く掘り下げています。

    スケートボード界の革新者

    吉岡賢人は、スケートボード技術の限界を押し広げることで知られています。彼のライディングは、従来のスケートボードの枠を超え、それをストリートカルチャーの新たな形態へと昇華させています。ER Magazine No.14では、彼のこの革新的な精神を詳細に紹介し、読者に彼のスケートボードに対する深い愛と尊敬を伝えています。

    独自のスタイルと影響力

    吉岡賢人は、スケートボードだけでなく、ファッションとアートにおいても独自のスタイルを持っています。ER Magazineでは、彼のスケートボーディングがどのようにして彼の個人的な表現と結びついているかを探り、彼が若いスケーターやクリエイティブな人々にどのように影響を与えているかを示しています。彼のアプローチは、スケートボードを単なるスポーツではなく、自己表現の手段として捉えることを促します。

    スケートボードとクリエイティビティの融合

    ER Magazine No.14の特集は、吉岡賢人がスケートボードとクリエイティビティをどのように融合させているかを浮き彫りにします。彼の技術とアイデアは、スケートボードの新たな地平を開拓し、この文化が持つ可能性を拡大しています。彼の物語は、スケートボーダーが自分自身を表現し、社会に影響を与える力を持っていることを読者に思い出させます。

    まとめ

    ER Magazine No.14で特集された吉岡賢人は、スケートボード界の革新者としての地位を確固たるものにしています。彼の技術、スタイル、そしてクリエイティビティは、スケートボーディングの未来に対する彼のビジョンを反映しており、彼の物語は多くの人々にインスピレーションを与え続けています。吉岡賢人のスケートボーディングへの貢献は、ER Magazineを通じて広く認知され、彼の足跡はこれからもスケートボード文化の中で色濃く残り続けるでしょう。