Team

  • COMPOSITE ISSUE2

    米田仁が特集されているだけに嬉しい一冊。

     

    千葉は柏から発信するLOCAL MAGAZINE

    COMPOSITE(コンポジット)からISSUE2が出ました。

     

    フリーペーパーとは思えない程の内容量と、クオリティー

    スケートフォトを中心に、スケーターやミュージシャン、アーティストなどのインタビューを収録。

    これを読めば千葉のローカルアンダーカルチャーが分かるはず。

     

    COMPOSITE websaite↓↓

    http://kashiwaskate.jugem.jp/

     

    こちらは米田仁の特集ページ↓↓

     

    彼の働くお店はこちら↓↓

    http://sollab.blogspot.com/

  • EM撮影開始。

    EAZY M!SS本格的に始動し始めました。

     

    まずはカタログ作りと映像配信の為茨城つくばに撮影に

     

    どこ行ってもこのアリ様

     

    東京よりはキックアウト無いけど、その中でどれだけ戦えるかが腕試しですね。

     

    それにしても、ヒトシのスケートスタイルはお洒落だわ。

    トリックの形が完成されていて、

    シンプルなトリックをそこまでカッコよく見せられてしまうと

    手も足も出ません。

     

    長年積んだ経験が物を言わすのか?

     

    それにしても人間性も含めた総合得点高めのダイヤの原石ですよ。

    の27歳

     

    千葉在住

    米田仁

     

  • 井坂家の守護神

    井坂家にはふわふわでもこもこの守護神が2人います。

    名前は、茶太郎とメロン

    名前の由来は知らないが、どちらも愛嬌たっぷりで可愛い守護神です。

     

    昔、井坂家の守護神はもう1人り居ました。

     

    その名はボス

     

    ハスキーのタクマシイ雄犬でした。

     

    今は他界しましたが俺の中には永遠に生き続けるでしょう。

     

    なぜなら、当時私は犬をナメテイテ

    どんな犬も可愛く、触らせてくれる愛嬌たっぷりの守護神だと思っていました。

     

    しかし、井坂家のボスは、まさしくボスなのです。

     

    不意にも私がボスを触ろうと、彼のテリトリーに入ってしまい、

    ボスは、私を敵とみなし、襲い掛かってきたのです。

     

    ビビッタ私は、その場に倒れ、ボスにマウントをとられ、

    冬だったのが幸いに、我武者羅に腕を噛まれ

    洋服がぼろぼろになった思い出があります。

     

    なので、最近は初めて触る犬には恐る恐る近づく事を学ばせて頂きました。

    2003年のボス↑↑

     

  • 新しいシグネーチャーモデル

    Lesqueから新しい俺のシグネーチャーモデルが出ます。

     

    販売は3月中旬かな!

     

     

    サイズは大きくなってしまって、

    8インチと8.25インチ

    そして、クルーズボードも出しますので

    是非よろしくです。

     

    なにせ脱臼してるので、直るまではこんなセッティングですね。

     

    トラックも129にチャレンジジョイ

  • Hitoshi Yoneda

    米田仁。

    昔から知ってるファッションもトリックチョイスも大好きなスケーター

    先日茨城県の某スポット、アドバーンサイドで見たときは

    キレキレのカーブトリックに感動。

     

    最近だとDVD“Pursuit”にも出演

    まだ見れてないのが心残り…

     

    狂った俺に付いて来れるのか??

     

    EAZY M!SSファミリーへようこそ☆

     

    彼の働くお店SOLはこちらから↓↓

    http://sollab.blogspot.com/

  • Akira Fnato


    船登晃。

    マジでネクストジェネレーション。

    小学校3年からスケボーを始め、

    高校生から今まで長年スケートショップで働き

    誰よりも目が超えている、超人スケーター

     

    って事で、一般常識が無いというか

    天然ボケ全開者

     

    馬鹿と天才は紙一重の天才の方だと信じたい。

    EAZY M!SSファミリーへようこそ☆

  • Masatoshi Koyama

     

    小山正敏。

    漢字が有ってるか分からないが

    スケートは人一倍努力して

    人一倍上手くならない西東京最高にして

    最低の生活を送るゲットー選手権優勝の

    通所マーダンディー。

     

    からのフェイキーヒールフリップは

    男の中の男トリック。

     

    西東京在住の彼は、謎にLesqueハウスに住む

    幻の珍獣。

     

    ようこそEAZY M!SSファミリーヘ☆

  • SLIDER 09

    SLIDER 09にイトシンが掲載されました。

    スケートボードカルチャーを深く知りたい、というアナタへ贈るスケートカルチャー誌
    “SLIDER”の最新号が発売。今号の第1特集は、ずばり「スケートフォト」。
    または我々は如何にして、心配するのを止めてスケートフォトを愛するようになったか。

    往年のスケートフォトグラファーたちによる、ありがたいガチSK8アーティクルは必見。
    スケートのことを知っている人も知らない人も、この1冊で寒い冬を乗りきりましょう。

     

    特集:The Evolution of Skate Photography
    スケートボーディングフォト進化論

    Grant Brittain / Lance Dawes / Brian Gaberman / Mike O’Meally / Andy Mueller / Ken Goto

    [Feature 02]
    TOMMY GUERRERO Japan Tour 2011
    feat. Ray Barbee, Blktop Project

    [Feature 03]
    SLIDER TOUR 2011
    大本芳大 (Carhartt) / 伊藤慎一(Lesque) / 村岡洋樹(GRAVIS) / 片方 遥(FTC)

    [Feature 04]
    GRAVIS JAPAN TOUR

    and more…..

     

    そんな中、2泊3日のSLIDER静岡ツアーで掲載されました。

    圓角さんありがとうございます。

     

    静岡浜松は人情とスポットに溢れた場所でした。

    又スケートしに行くことでしょう。

    ローカルさんたちありがとうございます。

     

    SLIDERブログはこちら↓↓

    http://www.hobidas.com/blog/slider/staff/

     

  • VHSmag

    色々お世話になってるVHSmag

    THE FIRSTS?にイトシン登場しました。

     

    この日の写真は、SLIDERツアーの撮影で静岡浜松に行ったときの

    2日目に撮影されました。

     

    冬場の海辺は寒かったです。

     

    参照サイト↓

    http://www.vhsmag.com/thefirsts/shinichi-ito/

  • Atsushi Isaka

    茨城県土浦市在住のもっとも思考回路がぶっ飛んだ

    スケートも人間性も切れ味抜群の井坂敦

    知る人ぞ知るグーフィー内股スケーター

    イトシンと共に育った土浦にぎわい広場出身の真の実力者

    表に出たがらないローカルヒーロー的存在。

    通称終わることの知らないエンドレスボーイ

    EAZY M!SSファミリーへようこそ!!

  • Itoshin

    そう、このブランドの総括者。

     

    そろそろ20年目のスケートキャリアに加え

    イメージからデザイン、webまで全てをこなす

    楽しみながら成長する男イトシン

     

    とりあえず底なし!!

  • pick up chris matayoshi

    周囲を和ませるメロウな性格と、攻撃性のある滑りが特徴。
    ハワイ育ちの彼はきっと小さい頃から、数々の素晴らしいスケーターたちを見てきたに違いない。
    センスのいい動きとトリックチョイスは様々な環境の産物だろう。
    日本は最南端となる沖縄からの刺客、見逃すべからず。

    chris01

    chris02